シングルレート2000に向けて

理不尽でないならばポケモンでない

S2最高レート1978、最終1953【Re:であいがしらから始めるグソクスタン】パーティー紹介

こんにちは、げろりんぽけです

ポケバンクが解禁した始めてのシーズンであるシーズン2が終わりましたね、みなさんは目標レートに到達することができましたか?

 

私はできませんでした、目標の2000には届かず最高レートは1978、すごく悔しい結果となりました

本来なら2000にも到達していないパーティーですので構築記事など書くのは恥ずかしいだけかと思いシーズンが終わってからも書かずにいましたが、Twitterである強者の方が1900くらいのパーティーと一番よく当たるのでどんどん構築記事を書いてほしい、とのツイートをしていらっしゃったので今回の構築記事を書くことにしました(すぐ流される)

 

このパーティーはTwitterQRコードを公開していたりグソクムシャは単体で育成論を書いていたり既に皆さんが知っている面も多いと思いますが全体をまとめて書くのは初めてということで投稿させていただきます

 

それではパーティー紹介

 f:id:gerorinpoke:20170323221229p:image

 

f:id:gerorinpoke:20170323221753j:image

ガブリアス@こだわりスカーフ

陽気AS252 D6

実数値:183-182-115-×-106-169

げきりん/じしん/ストーンエッジ/どくづき

 

やはりガブリアスは強かった、テテフやミミッキュにKPを上回られたとはいえさすが主人公、とりあえず出してるだけで何とかなる試合も多かったです

スカーフガブリアスグソクムシャの並びはとても相性が良く、相性補完が素晴らしかったりガブリアスのこだわりをグソクムシャの危機回避をクッションに解除したりと同時選出がかなり多かったような気がします

陽気である理由は大きく分けて3つあり

ガブリアスミラーで強いこと

リザードンウルガモスに対して後出しが安定すること

・意地っ張りで確定数が変わるポケモンがほとんどいないこと

これらを考慮した結果ガブリアスの性格は陽気になりました

グソクムシャで削ったポケモンを終盤抜いていくお仕事が多かったです

選出率3位

 

f:id:gerorinpoke:20170323222416j:image

グソクムシャ@こだわりハチマキ

意地っ張りH180-A252-B76

実数値:173-194-170-×-110-60

アクアブレイク/であいがしら/アクアジェット/きゅうけつ

 

今回のMVP、読み間違えたりして絶望的な状況になったときはいつもこのポケモンの先制技に助けてもらいました

詳しいことは前回の記事

(http://gerorinpoke.hatenablog.com/entry/2017/03/13/184659)

を読んでほしいのですがとにかく鉢巻であいがしらの火力が素晴らしく、高い物理耐久を活かしながら相手のガブリアスマンムーに後出しして裏に負担をかけていきます

優秀な特性危機回避の存在により不利対面でも裏に負担をかけないように居座り、であいがしらで後続の圏内に入れつつ被弾したら危機回避で後続を無償降臨させるといった選択肢が生まれるため、非常にサイクルを回しやすかったです、ステロやめろ

 

堂々の選出率1位

 

f:id:gerorinpoke:20170323223850j:image

クレセリア@ゴツゴツメット

図太いHB252 S6

実数値:227-×-189-83-150-106

サイコキネシス/れいとうビーム/でんじは/つきのひかり

 

重いバシャーモボーマンダに対して後出しできるポケモンを考えたらこいつしか思いつかなかったのでとりあえず入れました() ORASから送ってくる直前にハピナス道場でレベルを上げて王冠を使う予定だったのですが完全にそのことを忘れてサンムーンに送ってきてしまったのでレベル上げがめんどくさくなってCが当時の個体値7のままでVの時に比べて実数値が12下がっているのは内緒です

メガゲンガーへのサイキネの確定数くらいしかズレないので問題ありませんね(大あり)

ポリゴン2でなくクレセリアを選んだ理由は

バシャーモに強いこと

・とりあえずゴツメ持ってればどうにかなる相手が多いこと

・地面無効のポケモンが欲しかったこと

ヒードランと相性がいいこと

です

クレセリアはいろいろなポケモンの起点になることも多いですがまだまだ現役で活躍できると思っています

ボーマンダバシャーモの他にもガブリアスやガルーラなど、様々な物理アタッカーに対して受け出すことが可能で非常に心強かったです

 

選出率6位

 

f:id:gerorinpoke:20170323225816j:image

ヒードラン@こだわりメガネ

控えめH124-B36-C156-D116-S76

実数値:175-×-131-187-141-107

オーバーヒート/ラスターカノン/だいちのちから/あくのはどう

 

パーティーを構築する上で必要不可欠な要素である「テテフに後出しできる枠」と「炎枠」を同時に満たしてくれる神ポケモンで、基本的にテテフに対して後出しする用に使っていましたが、昔から知られている通りクレセドランの並びは非常に相性が良く、眼鏡オバヒやラスカノの超火力、高耐久に優秀な耐性でサイクル戦をかなり有利に進めることができました、クレセリアと同じ理由でH個体値が17なのは内緒です

火力を削って耐久面にかなり回していますがそれでも十分な火力を持っていて、

眼鏡オバヒでガブリアスマリルリギャラドスが確2、ラスカノで瞑想1積みテテフが確定、H252レヒレが確2で受け出しを許さなかったりと頼もしい火力です

また耐久面はギルガルドメガゲンガーシャドーボール2耐えにまでDを引き上げていて対面性能もかなり高いです

しかしZ技の登場により不意の高火力で受け出しが成立しなかったりすることも起こるようになってきたのであまり気を抜けません

具体的に言うとこのヒードランORASまではギルガルドに後出しが安定していて唯一後出しして負ける可能性というと最速or準速タスキの聖剣2連打しかなかったのですがサンムーンになってゴーストZ持ちのギルガルドが増え、アンヤ+影撃ちで落ちてしまうこのヒードランでは後出しが安定しなくなってしまいました

また格闘Z持ちのボルトロスが増えたことにより対面なら眼鏡気合玉以外勝てていたボルトロスに対しても安定しなくなってしまいました

それらの事を考えると、多少ORASより慎重に扱わなくてはいけなくなったポケモンですね

 

選出率4位

 

f:id:gerorinpoke:20170323232042j:image

カプ・コケコ@デンキZ

臆病CS252 D6

実数値:145-×-105-147-96-200

10まんボルト/マジカルシャイン/ボルトチェンジ/くさむすび

 

CSぶっぱのデンキZコケコです、Z枠が余っていたのでデンキZを持たせたのですが、エレキフィールド下のスパーキングギガボルトはかなり頼れる火力でH252メガボーマンダメガメタグロスを一撃で落とすことができます

草結びを採用することで最近流行りのボーマンダ+マンムーの並びを1匹で崩せるため使い勝手がかなりよかったです

 

選出率5位

 

f:id:gerorinpoke:20170323232956p:image

ゲンガー@ゲンガナイト

臆病HS252 C6

実数値:167-×-80-151-95-178

(メガ後)167-×-100-191-115-200

たたりめ/ヘドロばくだん/おにび/みがわり

 

弱体化したとはいえまだまだ強いゲンガーです

グソクムシャと非常に相性が良く、グソクムシャの危機回避からメガゲンガーの影踏みに繋げることでめんどくさいフェアリーなどを捕まえて狩ることができ、またHに振るだけで鬼火を入れればミミッキュのアンヤも耐える耐久なので雑に扱っても十分活躍してくれます

ヤドランやエアームドドヒドイデなどを捕まえてサイクルを回させずに狩ることができるので受けループにも強く、高いSから腐りにくいのが強みですね

 

選出率2位

 

 

☆基本選出☆

グソクムシャ+ガブリアス+(ゲンガーorヒードランorクレセリア)

 

グソクガブの並びに相手のパーティーによってラストを決めます

レヒレなどがいたらゲンガー、テテフやガルドがいたらヒードランボーマンダバシャーモがいたらクレセリアといったように決めているためあまり迷わず素早く選出できるので相手にプレッシャーをかけることができます()

 

クレセリア+ヒードラン+グソクムシャ

流行りのバシャテテフなどクレセリアヒードランの役割対象が複数いる場合にはにはこの選出をします

テテフにヒードランを後出ししてラスカノを2サイクル続ければバシャが落ちるので楽です

 

・カプ・コケコ+クレセリア+グソクムシャ

ボーマンダマンムーの並びマンマン構築にはこの選出をします

 

受けループなど例外はありますが基本的にはこの3種類の選出パターンです

 

さてここからは私がどうして最高レート1978から2000に届かなかったのか説明したいと思います

 

①私はこの構築でとりあえず1900まで来てから勝ったり負けたりを繰り返してようやく1967に辿り着きました

そろそろ2000チャレンジだ、ここで勝って流れに乗って一気に2000突破だ!

 

そう思って臨んだレート1720の方とのマッチング、お互いラス1でこちらMAXのガブリアス、相手残り半分を切った化身ボルトロスの対面

 

おっしゃ、スカーフ逆鱗で終わりだ、対戦ありがとうございました!

そう思った次の瞬間、相手のボルトロスはこちらのガブリアスにいばるを撃ってきた

 

いやいや、まさか自傷確率が大きく弱体化したのに威張るボルトロスなどまだ存在したのか?…まあ1/4だし2連で自傷しなければ大丈夫…さすがにいけるやろ

f:id:gerorinpoke:20170324000935j:image

2000の壁に撥ね付けられ、この日はレートをやめた

 

ガブリアスで2度混乱自傷を引いたのは運が悪かった、割り切ろう、あそこからまた1978まで戻してきたぞ、まだまだ流れは俺にある、ここで2連勝して2000乗せたるぞ

そしてレート1710の方とのマッチング

 

f:id:gerorinpoke:20170324001538j:image

f:id:gerorinpoke:20170324002623j:image

 

かの発明王エジソンはこう言いました

「レート2000とは1%の努力と99%の運でできている」

レート2000が意志を持ったかのように私のレート2000を全力で阻止、流れを失ったと感じこの日はレートをやめた

 

 

③前日にオニゴーリに絶望的な敗北を喫し、それでもなんとかレートに向かおうという私の弱い意志は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:gerorinpoke:20170324003225j:image

けものフレンズによって打ち砕かれた

 

ジャパリパークでの楽しそうな動物たちの冒険、それとは裏腹に不穏な空気を醸し出すその世界、そんなけものフレンズにのめり込んでしまい、沼にはまり、いつしかけものフレンズのことしか考えられなくなってしまった、暇だしレート行こうかな→あ、でもけもフレn周目しよ、レートは明日でいいや

この思考パターンに陥り、終わらない今日を繰り返すこととなった

 

 

④けもフレ5周くらいして暇になったらまあいつかレートに行こう、そんな絶望的に頼りない意志にトドメを刺したのは

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:gerorinpoke:20170324003818p:image

バンドリの音ゲーアプリのリリースであった

 

その日を境にレートに行かなくなった私は結局シーズン2最高レート1978で終了してしまった

これは全てけもフレとバンドリが悪いので私に責任はないです

 

 

☆重いポケモン

テッカグヤ 

→コケコでしか倒せないので相当きつい、ヘビボン強すぎ

 

・毒守ヒードラン(大地持ち)

対面のガブでしか勝てません

 

ミミッキュ

→受からない

 

キノガッサ

→日々の疲れが溜まっているのか皆様一度寝たら全く起きない

 

オニゴーリ

→ハゲろ

 

 

f:id:gerorinpoke:20170324005026j:image

一応最終レートを貼っておきます

 

 

 

最大のプレミは今期アニメを6本見てたせいで時間が取れなかったことです

言い訳です、私が弱いだけです

 

 

 

何かありましたら(@gerorinpoke)までお願いします